« 手術の説明 | トップページ | 外泊一日目 »

2005年12月22日 (木)

入院

今日は朝から大雪です。でっかいボストンバッグかついで、猛吹雪の中、歩いて病院に向かいました。

Img_1501_1 道中現れる首地蔵サマ。地蔵を撮りたいがために、デジカメ片手に雪が積もった急な石段をせっせと登ります。途中、通りすがりのオッサンに「おねえちゃん、転げ落ちるでー!」と言われる始末。赤面。

Img_1503 この小さなお稲荷サマの鳥居をくぐりぬけると、こっそり病院の裏出入り口に通り抜けできることは、地元民&病院関係者しか知りません(多分)。

で、

Inari1 こんなすごいことが書いてあるんですよ!!まじ??何度でもお参りさせていただくわっ(^^)

記録的な大雪のせいで、外来もキャンセルの電話の嵐でした。駅から歩くと、この病院は軽く30分以上かかるんですよ。タクシーもバスも来れないみたいなので、仕方ないかなー。めずらしく病院も人が少なく静かです。

一通りの検査が終わり病室に案内されると、仲良しの先輩ガン患者のTさんと同室でした!Tさんは私が入院してきて仰天(笑)。で、訳を説明し、それからはほとんど病気とは関係ない料理の話とか趣味の話ばかりしてました。。Tさんは私の義母と同じ年ですが、足掛け5年に渡って抗がん剤治療を続けているんです。そんなつらさを微塵も感じさせないほど、明るくて楽しくて素敵な女性です。Tさんを見ていると、私も少々のことで弱音なんて吐いてられません。

とりあえず、今日は最後に麻酔科の先生の説明を聞いたら帰っていいとのことなので、首を長くして先生の到着を待ちましたよ。というのも、麻酔科には1人、超イケメンがいる・・との噂を聞いていたのです!!残念ながら、過去2回の手術の際の担当麻酔科医は・・非・イケメン医だったので(ゴメンヨ)今度こそは・・・と胸を躍らせる私。緊急の手術が入ったとかで、さんざん待たされたあげく6時半に病室に現れたのは・・・・・明らかに私より年下の女医さんでした。立会いの男性医も・・・(以下略)。麻酔科医、萌え~~。。。の予定だったはずが・・・ガックリ。

真っ暗な寒空の下、つるつるになった道中をよろけながら帰ったのでありました。

Ika1 今日は疲れていたので(イケメン医師を見逃して)投げやりな晩御飯メニューです。。昨日の残りと、適当にバターしょうゆ炒めにされたイカとかぼちゃとほうれんそう。フ~ッ。

|

« 手術の説明 | トップページ | 外泊一日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手術の説明 | トップページ | 外泊一日目 »