« お気に入りの蕎麦屋 | トップページ | 右卵巣、子宮温存の可能性 »

2006年1月10日 (火)

人のこころはむずかしい。

精密検査について書こうと思いましたが、告知のことである人を思い出しました。

私が化学療法中、隣のベッドに入院してきたNさん。お年は61歳、とても上品で綺麗な方です。

私はすでに脱毛後だったので、ガン患者だということは一目瞭然だったのでしょう。遠慮がちに私に話しかけながら、ご自身のことについても話し始めました。

Nさんは、ある日思いたって近所の総合病院に子宮ガン、子宮頸がん検診を受けに行き、そこで一発で

「クロ」

と診断されたそうです。

私はその総合病院の名前を聞いて、驚きました。

「Nさん、診察を受けたのは、もしかしてU先生という若い男性医師じゃありませんでしたか?」

そうです。偶然にも、Nさんは4月末まで私の主治医だったU先生の診察を受けていたのです。途端にU先生のことが頭にうかび、一瞬でなつかしさで一杯になりました。

しかし、Nさんは憮然とした表情で、

「そうなのよ。あのU先生っていう若い先生、私に子宮ガンですよって、いきなり告知したのよ!

手術で子宮とっちゃうとかなんとか、自信たっぷりに言うから、なんでこの先生もっとよく検査もせずに次から次へと色々言うのかしらって不審感がつのってしまって。

友達に相談したら、ここの病院にI先生っていう著名な方がいらっしゃるって聞いて、わざわざI先生の外来診察日に合わせて見てもらったのに、主治医はW先生っていう若い女性医師だったの。がっかりしちゃったわよ。」

って矢継ぎ早に次から次へと話されるのです。そして

「外来でI先生に診て貰っても、結局結果はU先生の言うとおりだったから、U先生は正しかったんだろうと思うけど、あんなにいきなり言うことないじゃないって、そのときはものすごく腹が立ったし、大体ガンだってわかってもう恐くって・・。」

私はU先生がNさんに「自信たっぷりに言った」という状況がなんとなく想像できました。

U先生は、若くてガタイも大きくて「熱血漢タイプ」の先生。はきはきモノをおっしゃるので、そういう受け止め方も時にはあるのかな、と。確かに声が大きいので、私も病室で恥ずかしい思いをしたことがありました(苦)。

私は告知まで1ヶ月近くU先生との時間があったので「信頼する先生」から直接受けた告知というのは、それ自体は私にとってプラスになるものでした。

しかし、Nさんのようにフラっと検診にいって、1,2回しか会ったことの無い若造医師(失礼)に「いきなりガンって言われちゃった」のでは、病気のショックと共にやり場の無い怒りすらこみあげても不思議ではありません。

Nさんは、ガンの告知と言うのもが本人に直接されるものとは思わなかったらしく、

「いきなり手術とか言われて傷ついた」

っておっしゃっていました。(U先生は初期ガンだから手術で完治できると思ったためはっきり言ったのかもしれません)

結局Nさんは、手術で綺麗に悪いものが取れたようなので、化学療法を受ける必要も無く、しばらく定期健診で様子を見ることになりました。

しかし、この結末を迎えるまで「抗がん剤うつなんて、そんな恐いこと嫌だ」とか、「ガンの恐怖におびえるくらいなら自殺してしまいたい」とか、それはそれはもう大変で・・。何故坊主頭の私がNさんをなだめているのかとても不思議でしたが(笑)。

でも、結局Nさんにとっては「フラっと行った検診」が現状考えうる最高の結末を迎えたのは事実です。本当に人生わからないものです。私は恐がるNさんに、是非これをプラスに受け止めてみたらどうですか?と言うのが精一杯でした。

Nさんは退院した後も、私の自宅に何度か電話をかけてこられ、

「やっぱり抗がん剤うたなきゃならないって言われたらどうしよう・・。」

とか、

「本当にあの先生(若い女医のW先生)の言うこと聞いててだいじょうぶかしら。もうあの病院いやになっちゃった。」

等と、愚痴をこぼされていました。

私はNさんとの出会いで「人に正しく伝える事」って、本当に難しいなって考え込んでしまいました。

現に私も、

「今私が書いていることは正しく相手に伝わるだろうか・・。」

と少し思いながら書いています。単に技量が足りないという理由もありますが(笑)。

一口に「信頼関係」っていったって、一日二日で出来上がるものではありません。長年暮らしている家族間だって、時には難しくなることもあるくらいですから。

確かにU先生はNさんに「今考えうる正しい情報」は伝えたのだろうと推測します。しかし、いくら正しくても、相手が納得しなければ結果的に何も伝わってないこともあるのです。

私はNさんの言い分しか聞いてないので、U先生が実際どのような告知の仕方ををしたのかわかりませんが、U先生に未熟な点が多々あったのは残念ながら事実だと思います。現にNさんが、

「不審感がつのってここに転院した」

と言っているのですから。

色々なタイプの人がいるように、モノの受け止め方も千差万別です。人によってはプラスに受け止めてもマイナスに受け止める人もいるでしょう。

U先生もW先生も、若さゆえ「見た目の頼りなさ」というハンデもあると思いますが、私も告知を受けた後そうであったように、混乱した相手に対していかに恐がらせずに、また恐さを共に乗り越えることを約束し、前向きに治療に向かわせるための「ガンの告知」が是非医師の口から聞きたいと思います。

「セカンドオピニオン」だって、納得のいく医療を受けるための貴重な手段だと思います。

ただ、意思の疎通がうまくいかず、せっかく正しい情報と技術を持った病院に「出会っていることに気づかず」患者が無意味に放浪するような事態は、とても悲しいことだと思います。

******今日のおかず******

今日はポークピカタ。

Pikata1

本当はトンカツにする予定だったのですが、揚げるのが面倒になってしまい「ピカタ」にしました。粉をふって、卵にくぐらせて焼くだけなのでとても簡単です。

それでも

「今日の晩御飯はピカタ。」

って言うと、ピカタが何なのかよくわかっていない相方に

「お~♪」

とか言ってもらえるので(要するに、手間がかかる料理だと思っている)いつも影でほくそえんでいます(笑)。

|

« お気に入りの蕎麦屋 | トップページ | 右卵巣、子宮温存の可能性 »

コメント

ピカタがどんなもんかくらいわかっとる!(-"- )

投稿: 相方 | 2006年1月10日 (火) 22時50分

文句あるなら、直接いいたまえ。

投稿: カラカラ | 2006年1月10日 (火) 22時57分

ダンナさん、ナイス。
ピカタとアイカタ・・・兄弟みたいですね。
ダンナさん、ピカタ美味しかったですか?

ひとのこころはむずかしい、ほんとにそう思います。
てか、これまためんどくさそうなおばちゃんだなぁと思いましたね。おばちゃんてば、それくらいてめーで考えて行動しろっての。
カラカラさんお疲れさま。幼稚な私と違って大人だなあと思いました。

私はうつだったのでずっと個室でしたが、もしも隣のベッドにこのようなご婦人(というかババア)がいたりしたら、余計にうつが悪化して点滴しょったまま窓からダイブしてたかも。ババアもろとも。

投稿: yann | 2006年1月10日 (火) 23時35分

yannさん最高!同じ血が流れている気がします。そんなご婦人(ばばぁ)の愚痴に付き合ってあげて、カラカラさんってば本当に大人です。そのご婦人(ばばぁ)の周りには愚痴を聞いてくれる人がいないのでしょうか?それはそれで不幸ですよね。
私もぼやいてばかりの「妖怪ボヤッキー」に悩まされ続け、それが嫌で退院したクチです。

投稿: きゃんべる | 2006年1月10日 (火) 23時52分

ピカタ、「肉がやわらかくて美味しかった」って。私の前では、いつも笑顔のカワイイ人です(笑)。
う~ん。。正直Nさんはしんどいオバちゃんだなーって思ったこともありましたね(苦)。私がオトナだなんてとんでもない!一度ランチご馳走になっちゃったので、文句言いにくいだけなんです(^^; 

でも、入院してる間、こういうタイプの人多かったですよ。とくにオバちゃんは。私の周りに集まっちゃうだけなんでしょうかねー??

投稿: カラカラ | 2006年1月10日 (火) 23時54分

きゃんべるさんまでダイブしないでくださいよね。頼むから(苦)。
そうそう、書き忘れてましたが、Nさんのお子さん達は東京に嫁がれて旦那さんも単身赴任らしく、自宅ではお1人だったみたいです。きっと家に帰っても1人で不安にかられていたんでしょうね。先日電話がかかってきた時も、病気の進行が恐くて、いまだに買い物も行けないって言ってました。(お友達が代行してくれるみたい)病気よりも餓死しちゃわないかひそかに心配です(苦)。

投稿: カラカラ | 2006年1月11日 (水) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人のこころはむずかしい。:

« お気に入りの蕎麦屋 | トップページ | 右卵巣、子宮温存の可能性 »