« 手術前日 | トップページ | 術後 »

2006年1月19日 (木)

手術当日

手術当日は、朝から慌ただしいです。早朝から浣腸されたり、点滴針打たれたり・・。手術着に着替え、白いソックス(エコノミー症候群防止用)を履いたら、午前中はウトウト寝てすごしました。(余裕!?)

正午に相方がやってきました。何をしゃべったかは覚えておりません。

しばらくするとU先生と看護師さんがやってきて、

「じゃ、行きましょうか。頑張りましょう!」

と言われ、ベッドごと手術室に運ばれて行きました。相方は途中のエレベーター前までしか入れません。

「じゃ、行ってくるわ~!」

手を振ってお別れです。相方も、笑顔で手を振ってくれました。自分で言うのもナンですが、ちょっとしたドラマのヒロインのようです。見た目はかなり安っぽいですが(笑)。

手術室はとても寒くて変な感じです。なんか入った途端、夢の中にいるようなそんな感じ。。夢ならもっといいのですが・・。

ライトに照らされながら、頭の中でいろんな事がよぎりました。

麻酔から醒めたら自分はどうなっているんだろう・・。やっぱり人工肛門着けるんだろうか・・。あー、一体いつになったら「元の自分」に戻るんだろうか、いや、ホントに戻れるんだろうか?・・。

周囲は慌ただしく手術の準備を進めていきます。

しかし急に恐くなってしまいました。たまらず口走ってしまいました。

「U先生はいますか?U先生呼んでください!!」

どうも自分はココ一番に弱いようです。

看護師さんが驚いてU先生を呼んできました。U先生も、どうしたん?と驚いています。

「すみません・・怖いです。先生、ほんとにほんとにお願いしますね。。」

U先生は、私の肩をさすって

「大丈夫。1人じゃないから。一緒に頑張りましょう。」

と言ってくれました。こんなとき、正直若い男性医でよかったです。不気味なアキバ系ブサメン医だったら、点滴しょったまま逃げ出したかもしれません(笑)。

U先生の言葉でいくらか楽になったせいか、「痛い」と言われていた硬膜外麻酔もほとんど痛くありませんでした。麻酔医にも、アレレ?痛くありませんでしたかっ?、って驚かれてしまいました。麻酔医としては、こういう時は痛いと言って欲しかったんでしょうか?(笑)。謎です。

いよいよです。前回と同じ言葉でした。

「じゃあ、麻酔はじめますよ~。。すぐ眠くなりますからねー。いーち、にーい、・・。」

一瞬で意識が遠いかなたに消えていきました。

続く

******きょうのごはん******

先日友人宅にお邪魔した際に、お母様においしいシジミご飯をご馳走になりました。

早速まねして作ってみました。

011902 乾燥シジミ、昆布出汁、醤油、酒。なんとも滋味深い味わいです。化学療法中一時退院した際に、せっせと漬け込んだ新ショウガがとても合います。

******きょうのいちおし******

風邪をひいてしまいました・・。気分も凹みます・・。喉がイタイ・・。

011901 鶴屋吉信の葛湯。

子供の頃から、母親がよく買ってきてくれました。今でも私のお気に入りの一品です。

先日入院した際に、母が買ってきてくれたのが残ってました。これ書き終えたら、ごちそうになります。

|

« 手術前日 | トップページ | 術後 »

コメント

病気と向き合い闘いながら、ちょっとした日常を楽しんで、相方さまとの愛をますます育むお姿…。ちょっと涙物です。34歳という年齢は、日々過ぎ去るのが早く、油断すると自分と向き合うことも出来ず、ただ一日一日消化していくだけ、なんてことになりがち。なんだか少し、ヒントをもらったって感じですよ。

投稿: のさひん | 2006年1月20日 (金) 11時38分

のさひんさま、コメントありがとうございます。
相方さまとの愛!??そんな風に言われると、我ながらハッとしてグッときます(意味不明)。
また遊びにきてください!!


投稿: カラカラ | 2006年1月20日 (金) 15時44分

うーむ、のひさん。オトナなコメントだ〜。私とは違う。
ごめんねーカラカラさん、いつも幼稚な私です。

ついでに私の手術日をTBしたれ。
手術の日の雰囲気って、大抵みんな一緒なんでしょうか。

投稿: yann | 2006年1月20日 (金) 17時14分

yannさん、TBありがとうございます!
手術当日の様子、興味深く読ませていただきました。私も今日UPしますから、比較してくださいませ。
ソックスの描写、笑えます(笑)。

投稿: カラカラ | 2006年1月20日 (金) 18時06分

そう言えば2年前の4月、我が父も胃がんの為硬膜外麻酔を使って手術を受けておりました。常に背中に針が刺さっているにもかかわらず痛くないらしく、小さな提灯のような物が術後何日間か掛けてしぼんでいってたのを思い出しました。
白いソックスもはいてましたよ。おまけに足が攣るから術後ず~っとマッサージ器のようなものに足をもみもみしてもらってました。そのマッサージ器のようなものは、父が独り占めしていたようで他の術後の患者さんに回せなくて看護士さんが困っておりました。
あの時の父の姿とカラカラさんの姿がダブってしまいました。
大変だったんだね・・・。
相変わらずおいしそうな晩御飯が並んでますね。うらやましい。我が家なんてまた頂いた鰹が冷凍庫で冬眠しています(こんな話してたよね。(^^)懐かしい。)
じゃあ、又遊びに来ますね。風邪気をつけてね!
えっ?私?私は大丈夫casshernだから(^^)v

投稿: casshern-kyon | 2006年1月20日 (金) 21時57分

ちわーっすcasshern-kyon 様!
マッサージ機なんてものは、うちの病院には有りませんでしたよ。あったら私も独り占めしたかも(笑)。お父様、術後のリハビリ大変だったでしょうね。。私などカワイイものですよ、ホント。
しっかし、また鰹が冬眠してるんですかあー?っていうか、魚もらいすぎでしょ(笑)。
また今度、是非是非お会いしましょうね~!
追伸:今年も、SSから仕事の誘いが来ております(笑)

投稿: カラカラ | 2006年1月20日 (金) 22時14分

いやー思い出しますねー。人生最悪の日でした。TBしました。

投稿: きゃんべる | 2006年1月21日 (土) 18時57分

そうそう、思い出しました!私も腰が割れるほど痛かったです・・。寝返り、打ちたくても打てないですもんね。。
ほんと、思い出したくないです。。

投稿: カラカラ | 2006年1月21日 (土) 21時07分

SSの件・・・つくづく貴方は優秀な人だったんだなあと思いますわ。今SSより私達全員4月以降の恐ろしい選択を強いられてます・・・(;-;)

投稿: casshern-kyon | 2006年1月22日 (日) 14時10分

casshern-kyon 様、マジっすか?!
直にメールさせていただきますっ!
・・あの、優秀だったら私仕事辞めてませんから(笑)。
関係ないって。。

投稿: カラカラ | 2006年1月22日 (日) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手術当日:

» 手術 [子宮がん。STYLEBOOK]
木曜日。晴れ。 6:00 起床 血栓防止のため、昨日渡された医療用ストッキング(ケンドール社)を穿きます。つま先がオープンになっているので、見ようによっては真性包茎みたいじゃん、などとちょっと思いました。 7:00 浣腸120ml 昨日の下剤で、お腹の中にはもうほ...... [続きを読む]

受信: 2006年1月20日 (金) 17時13分

» 手術 [37歳★New癌★Survivor]
いよいよ手術。 朝6時に起床し、まずはトイレで浣腸!イチジク浣腸みたいなもんだろ [続きを読む]

受信: 2006年1月21日 (土) 19時00分

« 手術前日 | トップページ | 術後 »