« 1クール目スタート! | トップページ | 毛が抜け出して止まらない »

2006年2月 1日 (水)

治療方針変更?

翌日の朝、軽い胸焼けがします。

「ついに副作用きたか??」

嫌な予感がしますが、それ以上の変化なし。若干筋肉痛と足が重いくらいかな?

連日看護師さんたちに体調を聞かれますが、大丈夫のようです。

「すごいねー!Kさんはすっごい我慢強いと思ってたけど、ホントに強いですねー。」

・・・・どうも私は「健康体」のようです。

だって、2月の入院の時の辛さといったら・・。あれ以上の苦しみは・・。

あの時・・。一番辛かったのは、激痛で悶絶しながら不妊治療先のGクリニックに行った時。看護師さんたちに抱えられながら回転する診察台に乗せられた時・・。激痛で院内に響き渡るほど絶叫したっけ。。待合室でひとりで待ってた相方は、たまらなかっただろうに。

泣きじゃくる私に対して、G医師は

「ちょっと落ち着いてくれる?泣いててもわからん。」

って。冷たい。

あげく、エコーで見ても「卵巣は腫れてないしどこも悪くない」から、生理痛がひどいだけでしょう、って・・。あれだけ痛がってるのに、なぜすぐにT病院を紹介してくれなかったのか・・。卵巣は明らかに腫れていて、すでに破裂していたというのに・・。自宅で苦しみ、一体何度吐いて、何回トイレに這って行ったことか・・。

5日遅れてひどい状態でT病院にかけこんで、重症感染症になって以来、看護師さんたちには、

「Kさんは我慢しすぎるから、しんどい時は我慢しないでください!」

ってしつこく言われるようになってしまったのです。

話がそれました。

つまり、今回もしょっちゅう

「副作用、ホントはしんどいのに我慢してるんじゃないですか?」

って疑われてたですが、別にそうじゃなくてホントにたいしたことなかったんです。

なんだ。こんなもんか。

ほっとしていると、主治医のN先生が来ました。

「実はKさんに相談したいことがあるんですけど・・。」

??

「Kさんの2月からのカルテを見させてもらったんですが、化学療法は3クールの予定になってますよね。前の主治医が、不妊治療のことを考慮してそうしたんだと思うけど、私としては6クールきちんとしたほうがいいと思うのよね・・。」

思わず

「えー?嫌ですよ。そんなん。」

と本音が・・。だって、3クールと6クールとでは雲泥の差が・・。単純に治療が倍になるってことか??

「化学療法で成果を挙げるためには、3クールと6クールやるのでは全然成果が違うんですよ。再発のリスクを考えると、絶対6クールやっておいたほうがいいと思うんです。3クールよりせめて5クール、念を押して6クール。成果の違いは歴然としてます。今もし3クールで治療を辞めてしまって再発したら、もう一度治療をやり直すことになってしまうんです。

今は妊娠することよりも、確実に病気を治すことを考えてみてはどうですか?中途半端に3クールやっても、もったいないだけですよ。」

・・正直私は、早く子供が欲しくて「3クール」を望んだんじゃない。とにかく早く治療が終わって欲しかったし、U先生自ら短い治療プランを出してくれたので「渡りに船」の心境で受け入れてしまった・・。確かにN先生の言うことはもっともだったけど、最初に3クールと言われていただけに、ショックというかなんというか・・。

いきなり治療方針をくつがえされたことと、私の甘さを指摘されたような気がして、思わず涙がでてきてしまいました。(ヘタレ)

N先生は、3クール終るまでにもう一度考えましょう、ご主人ともよく相談して決めましょう、と言って出て行きました。

気を取り直して部屋の洗面で手を洗っていると、隣のベッドから

「大丈夫?」

と声がしました。振り返ると、思わず息を呑みました。その女性は髪の毛が全く無いのです。明らかにガン患者です。

「先生の話、聞こえてしまったんやけど・・。病気は辛いけど、難しいことは医者にまかせて、とにかく自分は治ると信じて出来ることだけ頑張ればいいんよ。」

って。

話を伺うと、もう4年も化学療法を続けているらしいのです。大腸がんを患い、今回は卵巣ガンで婦人科病棟に移られたようです。

Tさん。お年は56歳。義母と同い年、ご主人と2人暮らしです。

私は35歳まで不妊治療を頑張ったけど、あかんかったわー、今は40過ぎでも産めるから、アンタはまだまだいける!とか、ご自身の話を踏まえながら最後は私が励まされっぱなしでした。

入院中、あまり不妊治療のことを言われたくなかったのですが(実際嫌な思いもたくさんしたので)なぜかTさんの言うことは素直に耳を傾けることができました。

そんなこんなで順調に1クール目が終了。

しかし、この1クール目に苦しい思いをせず治療をナメてしまい、2クール目からは大変な思いをしてしまったのです・・。

それどころか私の脳裏にあったのは、Tさんの頭のことばかりです。

「あー、私もあんな風に抜けるのか・・。」

一時退院後は外来で血液検査を受け、白血球の数値を検査します。

案の定、外来では白血球の数値が2000まで下がりました。好中球は29%。

N医師に、もうどこにも寄り道せずに、まっすぐ家に帰ってくれと言われる始末。免疫がかなり落ちていて、病気に感染しやすい状態になっているんだとか。

ああ、確実に薬がまわってるってことなのか・・。でも自覚症状は全くなし。

3日連続で外来でノイトロジン注射を打ってもらい、白血球の数値を上げました。

退院とはいえ、憂鬱な気分で一杯です。

続く

******きょうのごはん******

020201

くじらの竜田揚げ れんこんの黒酢炒め 切干大根 ポトフ 五穀ごはん

実家の母に、

「もっと栄養つけて太りなさい!」

と怒られ、くじらを手渡されました。(よく考えるとオカシイですよね・・)

相方と私はくじら大好きなので、大歓迎♪

そういえば昔給食によくでたな。(年がバレる)

|

« 1クール目スタート! | トップページ | 毛が抜け出して止まらない »

コメント

患者っていろんな人がいるよね。総じて勇気をもらうことが多かったかな。今から思えば、自分だって大変だったはずなのに、優しい言葉をかけてくれて。ありがたかったよ。
やっぱさー、私たちみたいに心の清い人が癌になるのよ!

投稿: きゃんべる | 2006年2月 3日 (金) 21時38分

きゃんべるさんは、素敵な出会いをたくさんされたのですね。

心が清い人が癌・・(笑)私は「あなたの心がけが悪いから、そんな若さで癌になったのよ」(言った人も癌患者)とか「どんな食生活してるの?」等・・子供がいない事も含めて結構嫌なことも色々言われたせいか、必要以上に警戒心を持ってしまい、気持ちを落ち着けて話せたのはほんの数人の方だけでした・・。
今思うと、自分の心の持ちようが甘かっただけで、どこにでもいる特別悪い人でも無かったのかもしれません。

きゃんべるさんの「元気」は、是非お手本にさせていただきますー。

投稿: カラカラ | 2006年2月 3日 (金) 23時04分

治療に入る前、3回の我慢だから!
って必死にがんばっているのに、
急に2倍の6回はつらいですよね。

私の場合、副作用の手足の痺れが尋常でなく、
6回の予定を5回で終わっても・・・
そんな希望的なお話も主治医の口から出ていたのが、
「やっぱり念には念を入れましょう!」
と、1回分を3回に分けて投与する通院のウィークリー治療を
後半2回は行いました。
でね、ウィークリーにしたほうが高くつきました(・・、)

投稿: ellie | 2006年2月 4日 (土) 13時30分

ellieさん

化学療法は、副作用との闘いみたいなモノですよね。
私も2クール目以降は苦しみました。

治療費、私も計算してみないとダメですわー。
確定申告もあることだし・・。

投稿: カラカラ | 2006年2月 4日 (土) 16時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 治療方針変更?:

« 1クール目スタート! | トップページ | 毛が抜け出して止まらない »