« 相方の主張 | トップページ | 1年半ぶりに・・ »

2006年8月 5日 (土)

聞いてください。

去年の3月に自分がガンであることを知ったとき、今後どのように病気と向き合えば良いのか思い悩み、ネットであれこれ検索をかけているうちにあるHPにたどり着きました。

卵巣癌がんと闘うかあさん頑張れ

こちらのHPで私は、「悩みや苦しみを共有し、支えあえる仲間がここにいる」ということを教えて頂きました。

卵巣ガン患者は数が少なく、情報を得るのに苦心した中で、こちらの皆さんのおかげで大変勉強させていただいた上、心身共に支えていただいて本当に感謝しています。

今、こちらのHPでは抗癌剤の早期認可を求めるネットでの署名を呼びかけております。

卵巣ガンの治療には何種類かの抗癌剤が使用されますが、初めは効果が見られてもそのうち薬に対する耐性が出来てしまい、継続した治療の為には他の治療法を模索しなくてはなりません。

卵巣ガンは婦人科のガンの中で最も死亡率が高いと言われておりますが、抗癌剤が効きやすいとも言われています。

こちらのHPのある治療中の女性は、「今一番効果が高いと期待される抗癌剤(リポソーマルドキソルビシン・・・既に世界60カ国で使用されており、未承認なのは日本と北朝鮮くらいという話)が日本では未承認であり、すでに製薬会社から申請されているが、厚生労働省の認可が下りるにはあと1年ほどの時間がかかるので、この抗癌剤を一刻も早く認可してほしい」 と訴えておられます。

あらゆる病気の患者にとって一番大切に思えるものは、究極的には「時間」ではないでしょうか。

他国で高い効果をあげている抗癌剤なら、日本でも何人もの尊い命が救われるはずなのです。

現状では患者に大変金銭的負担のかかる個人輸入等の方法でしか手に入らないこともあり、一刻でも早い認可を国に訴えたいという切なる願いを黙って見ている訳にはいきません。

当ブログにアクセスしていただいた方々にも是非署名を御一考いただけたらと思い、ご紹介させていただきます。

まず、「卵巣癌がんと闘うかあさん頑張れ」 のトップページの真ん中に「抗癌剤早期認可を求める!ネット署名」というリンクがあります。

署名の管理については、HPの管理人である鈴木様が責任を持って対処してくださいますが、何かご質問等がございましたら鈴木様に直接お問い合わせいただくほうが良いと思います。大事なことですので、十分ご理解していただいた上でご協力よろしくお願いいたします。

URLはこちら↓です。セキュリティ上、こちらのトップページから入ります。

http://www.ipc-tokai.or.jp/~yeti/kasan/

なお、今回の署名活動に至るまでの経緯は、同HPの「卵巣がん相談/励まし掲示板」 の以下のスレッドをご参照ください。

(1)戦わないと。

(2)抗癌剤早期認可を求める!

(3)署名にご協力ありがとうございます

※急いでUPしたかったので、一部をれひさんのブログから抜粋させていただきました(れひさんご了承ありがとうございました!)。

皆様のご協力よろしくお願いいたします。

|

« 相方の主張 | トップページ | 1年半ぶりに・・ »

コメント

私も卵巣がん患者。微力ながら、協力させていただこうと思います。
日本って、手術とか、技術とかは優れてると思うのですが、
薬に関しては遅れてますよね。もちろん、充分に安全性は
確かめねばなりませんが・・・。
もうちょっと融通をきかせてもらいたいものですよね。

投稿: こうめ | 2006年8月 6日 (日) 13時06分

一番大切なもの…究極的には「時間」。そうですね。他の大切なものもここに行き着くのかもしれません。
週末家にいなかったので、その後が気になります。家に帰ったらすぐに見なくちゃ…と携帯からでした。

投稿: れひ | 2006年8月 6日 (日) 18時10分

こうめさん
ありがとうございます。
他人事じゃないですよね。
一人一人の願いが大きなうねりになって欲しいです。

投稿: カラカラ | 2006年8月 6日 (日) 22時19分

れひさん
色々ありがとうございます。
こういうときに、人は一人で生きているんじゃないんだな、などと考えさせられます。
ある意味病気のおかげかもしれませんが。。
暑い日が続きますが、れひさんも夏バテしないようにね!

投稿: カラカラ | 2006年8月 6日 (日) 22時21分

薬に関しては日本はおかしい、って前から思ってた。薬害訴訟でも製薬会社がどんどん合併・外資参入で、責任のありかが一体どこなのか、はっきりわからないし…。詰まるところは、現場、患者優先で進んでいくべきなんですよね、絶対。 
がん患者でない私も、いつ何時病気が忍び寄るかわからないし、突然倒れてしまうかもしれない。そういう意味ではどんな人にも『時間』が大切なんやね。一部の私利私欲、権力が関わらずに、早く患者が必要とする薬が認可されることを願います!

投稿: のさひん | 2006年8月 7日 (月) 09時33分

のさひんさん
そうだそうだ。
患者の声を真摯に受け止めて欲しい。すべての人のためにね。

しかし、ネットの力はやはり大きいね。
続々と署名が集まってるみたいよ。

投稿: カラカラ | 2006年8月 7日 (月) 22時31分

大分集まってきたようですね!
それでも署名としての数としては少ないみたいなので、これからも・・・ですね。

実は、すずきさんに「カラカラさんのブログでも呼びかけて下さっています」とメールしたところ、同HPの「応援の方々」コーナーに記載されたようです。勝手に連絡してしまってスミマセン。。
何かあれば同HPのトップページにすずきさんのアドレスが載っているので、ご連絡をお願いします!!

投稿: れひ | 2006年8月 8日 (火) 22時36分

れひさん
着々と人数が増えてきましたね。
ネットの力を改めて感じる次第です。
わざわざ鈴木さんに連絡してくださったのですね。ありがとうございます。
さっそくリンクしてくださったようで、恐縮です(^^;
さらに署名の輪が広がりますように!

投稿: カラカラ | 2006年8月 8日 (火) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聞いてください。:

« 相方の主張 | トップページ | 1年半ぶりに・・ »