2006年1月30日 (月)

新しい主治医

******1/27の続きです******

外来で新しい主治医と対面することになりました。

看護師さんに探りを入れた結果、主治医のN先生は女医だそうです。

不安と期待をふくらませつつ、診察室へ。

一目見て・・

・・・若っ!!

明らかに私より年下の女性。茶髪のロンゲ、なんとなく華原朋美系。はっきりいって、医師には見えぬ。。

関西弁丸出しのN先生。挨拶のあと、化学療法の説明に入りました。

化学療法は、5月11日スタート。何回聞いても不安を隠しきれない私に、根気良く笑顔で説明してくださいました。

・・良かった・・。

前の主治医のU先生や今回のN先生のように、若い医師は上の先生に相談しながら治療方針を決めるのです。だから、手術はベテラン医師にして欲しいというのが本音ですが、普段密に接する「主治医」は明るい先生であって欲しいとの願いがありました。(ついでに面白くてルックスがよければ尚歓迎)

だって、横柄なオッサン医師や根暗なアキバ系医師だったら、長い治療に耐えれるかどうか・・。(おおげさ)

なので、とりあえず(失礼)若くて明るいこのN先生で、ちょっとホッとしたわー。

色々頼っていじめちゃいましょう。(ウソ)

化学療法に入るまでの間に、とりあえずショートカットにしました。どうせ抜けるのですが、短いほうが楽なような気がしたのです。

あと、どうしてもやっておきたいこと・・。

どうしても、京都に行きたい。(唐突ですが・・)

私と相方は京都好きなので、真夏以外は毎月一度は京都に行くのです。しかし、病気のせいで今年は梅も桜もおあずけ。(ついでにウマウマなモチやまんじゅうも)

もちろん体調は万全では無かったのですが、相方にムリを行って連れて行ってもらいました。

行き先は三十三間堂。つつじが新緑に映えて美しい。

京都はどこからでもタクシーが拾えるので、疲れたら即タク。小市民な私達にすれば、ある意味贅沢な休日です(笑)。

治ったら、何回でも行ってみせるわー!

続く

******きょうのごはん******

013002

五穀ごはん ほうれん草の中華炒め サラダ カボチャ煮つけ あさり味噌汁

******きょうのイチゴ******

イチゴ大福用にいただいた小さめのイチゴで作りました♪

013001

白玉粉と水あめがあれば、簡単に大福が出来てしまいます。

つぶあんは、サザエで買いました。おはぎ用の為か、ちょっと甘め。美味しいです。

うっすら頭からイチゴが透けて見えるのがツボです(笑)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)